旅するように暮らす

アラサーパパの育児日記(妻と子供2人との旅行とかSFC修行とか趣味の話とか)

コーヒー嫌いな私がコーヒーを飲んだきっかけ

30歳を過ぎてようやくコーヒーが

美味しく飲めるようになりました。

 

学生の頃からの知人は

私がコーヒーをブラックで飲んでることに

驚きを隠せないようです。

 

それぐらい私はコーヒーが苦手でした。

 

目次

 

 

 

コーヒーを飲むきっかけ

 

苦手なコーヒーをわざわざ飲もうと

思ったきっかけは

健康的な身体になりたい

と思うようになり、

身体を鍛えだした時でした。

 

trip-coffee.hatenadiary.com

 

コーヒーは自律神経を整え

脂肪の燃焼にも効果がある

というのを知り、

 

ジュースなどの飲料水は

カロリーが高くカラダにもよくない

というイメージから

カロリーがないもので水じゃないもの

=ブラックコーヒー

これが飲もうと思ったきっかけです。

変なきっかけですね。

 

でもきっかけなんてなんでもいいんです。

 

それからどういうものに

変化していくかを楽しめば

それでいいんだと思います。

 

今ではコーヒーは私の生活の一部と

なっていますし、

欠かせないものになってます。 

https://www.instagram.com/p/BezXgmgjn5D/

美味しいコーヒーとの出会い

 

コーヒーが苦手だった私が

「コーヒーが美味しい」

と思えるようになったのは

近所の自家焙煎コーヒーとの出会いでした。

 

最初はコンビニで買える

100円コーヒーを買って

車で通勤中に飲むことが多かったのですが

 

職場の近所のカフェや

有名なチェーン店など

コーヒーを提供しているお店を

色々と行ってみて、

とりあえず飲んでみる

そんな生活をしていくうちに

自分が好きな味、嫌いな味というのが

ハッキリしてきて、

コーヒーを飲む回数が増えていきました。

 

ある日、

今までコーヒーをほとんど飲まなかったので

気にもとめてなかったのですが

コーヒー屋さんを探しているうちに

職場の近所に自家焙煎のお店があることを知り

「近所だしちょっといってみよう」

という気軽な気持ちで入ってみたら

コーヒー豆のいい香りが店中にいっぱいで

自家焙煎のコーヒーを試飲させていただき

そのコーヒーがすごく飲みやすく

美味しいなぁと初めて思ったコーヒーでした。

 

もちろんそのお店のコーヒー豆が

新鮮で焙煎などもいいのかもしれませんが

「自分が飲んで美味しい」と思うコーヒーが

一番美味しいコーヒーですよと

店主の方が気さくにコーヒーの話をしてくださり

コーヒーが好きになっていきました。

 

それからもコーヒーの話をしたり

自分でドリップするやり方だったりを

聞いたり、自分で調べたりするうちに

どんどんコーヒーの魅力に

のめり込んでいきました。

 

そんなこんなでコーヒー好きな人も

これからコーヒーに興味を持つ人にも

できるだけわかりやすく

ぼちぼちコーヒーの魅力を

お伝えしていこうと思いますので

ご興味がある方はまた覗きにきてくださいね。

 

 

 

 


にほんブログ村