旅するように暮らす

アラサー夫と妻と子供2人との旅行とかSFC修行とか色々な話

海外旅行中に盗難・紛失にあってしまった!カード会社への連絡は?ありがとうANAアメックスゴールド

 どうもHIROKINGです。

 

数か月前に「UAE(アブダビ)に住む妻の両親に会いに行く」という目的で

一旦マレーシアを経由した際にちょっとしたハプニングに遭遇したので

その経験をご紹介しようと思います。

 

目次です。

 

www.tripcoofee.work

 

 

 

海外でiPhoneを紛失してしまった!

まずはこの旅で一番のハプニングと言っても過言ではない出来事。

iPhoneを失くすというトラブルです(・・;)

シンガポールでトランジットの間少し観光した後

マレーシア行きの飛行機(シンガポール航空)に搭乗し

約1時間ほどでマレーシアに到着。

 

ドバイから到着後すぐに遊びすぎたのが

どっと疲れてしまいまして、、、

マレーシア空港も大混雑で入国審査(イミグレーション)も

結構な待ち時間、、、(・・;)

 

家族連れのグループは優先レーンに案内してくれたので

無事入国でき、空港でホテルまでのタクシーを手配して

荷物もトランクに乗せて、ようやく出発ー!

 

やっと落ち着いたと安心したのかiPhoneを失くしたのに

タクシーに乗ってから気づいたんです(T_T)

 

OMG!

 

時すでに遅し

 

タクシーは高速道路に乗ってハイスピードでホテルに向かっております。

 

しかもたどたどしい私の英語力ではなんて言っていいかわからず

とりあえずホテルに着いてから考えようということになりましたとさ。

 

タクシー移動中に乗っていた車が事故にあった!

そんな落胆している中、市街地に近づくと車が大渋滞!

帰宅ラッシュの時間と被ってしまい早くホテルに着きたい気持ちと

iPhoneを失くしたショックでモヤモヤしてたら

 

私たちの乗ったタクシーの横から割り込もうと

おばさまが乗った車が、ムリヤリタクシーの前に入った瞬間に

タクシーのおじさん舌打ちをしながらクラクションを鳴らす。

ププー!

それから幅寄せするようにおばさまの車を

あおり運転(日本だと今やばめのやつ)しだしたと思った次の瞬間

 

ドーン!

 

思いっきりおかま掘ってしまいました(・・;)

私たちも前の座席にぶつかるくらいの衝撃w

 

その後は日本と同じように路肩に車をハザードランプ付けて停めて 

乗っていたおばさまとタクシーのおじさんが

何やら電話番号交換して事故処理終了。

警察とか呼ばないんだと思いつつ、我々へのケアは一切なしでしたw

日本なら乗客への何かしらの対応があるとは思いますが

その時はiPhoneのことで頭がいっぱいでしたし

特に私たちもケガするようなこともなかったので

まぁこんなもんかという印象でした。

 

iPhoneを失くした際の対処法

そんなこんなでホテルに到着し、チェックインをする時に

日本人の方がおられたので、色々と対処してくださいました。

 

・iPhoneやスマートフォンなどの高価なものは落としたらまず出てこない

⇒日本では落し物は交番へという文化があるが、海外では落ちていたら落とした人が悪い、そのまま売ってお金にするらしい

 

・落としたのか盗まれたかわからないなら盗まれたということにすること

⇒日本に帰った際、盗難届をクレジットカードの保険で申請する際に紛失は対象外の場合が多い為、盗難の可能性を強調するため

 

・盗難届を出す為に警察に事情を伝えて証明書を発行してもらう

⇒保険の申請の際、「紛失・盗難届」もしくは「ポリスレポート」というものが絶対必要なので申請するかは別にしても、もらっておいた方がよい

 

・警察にパスポートの提出などがいるのでパスポートだけは絶対になくさない

⇒財布と同じ荷物に入れておかない、スーツケースに入れっぱなしにしないなど

肌身離さず持っておいた方がいいでしょうね

 

上記のような対応をホテルマンの方に対応していただいたので

ホテル到着後の次の日にホテルマンの方と一緒に警察まで行ってもらい

(タクシー代は実費)事情を話してもらいつつ私もつたない英語で色々と伝えて

無事ポリスレポートをもらうことが出来ました。

 

盗難・紛失がわかった後すぐにやるべきこと

保険会社に連絡

何よりもまず海外で自分の入っている海外旅行保険会社に

連絡をすることが一番いいと思います。

 

私の場合は持っているANAのAMEXのカードの保険会社に電話し

盗難についての問い合わせと、保険を適用するのに何が必要かを

確認せずに帰国してしまいましたが、ホテルマンの方から

ポリスレポートだけは取っておいたほうがよいとのことだったので

指示通りやっていたおかげで保険会社に必要なものが用意出来ましたが

電話が出来る状況であれば電話する方がいいと思います。

 

保険会社に伝えた内容としては

 

・いつ

・どこで

・何を

・どのように

・盗まれたものの金額(購入時のものでOK) 

 

だったと思います。

それを同じく警察でも伝えていますので、保険会社は伝えた内容と

作成されたポリスレポートの内容があっていれば

保険金を払うのじゃないかと思います。

 

保険会社へ提出するもの

 

ポリスレポート(原本)

現地の警察で記入してもらう

 

②購入証明書

レシートかクレジットカードで買ったものであれば明細、

私の場合はiPhoneだったのでソフトバンクに購入証明書を発行してもらいました。

③パスポートのコピー

④保険金請求書

保険会社から送られてきますので記入します。

以上のものを保険会社に提出した内容です。

 

ポリスレポートについて

ポリスレポートは上記のようにいつ、どこで、何を、どのように盗まれたのかを

キチンと書いてあるか確認しておくことが必要です。

 

保険金額入金について

私のiPhoneの今の価格(時価)で計算されて約2週間もかからず

指定した口座に入金がありました。

おかげで新しいiPhoneの購入に充当することが出来ましたので

本当に助かりました(T_T)

 

まとめ

海外でトラブルがあるとどうしても焦っちゃいますが

何とかなります。まず落ち着きましょう。

今回私はiPhoneを失くしてしまいましたが

保険金もいただくことが出来ましたし、

iPhoneはバックアップさえしておけば復元することが出来ます。

失くしたものとしては その日に撮った写真くらいですかね。

 

まずは海外旅行にiPhoneを持っていく際は

バックアップを必ず取っておくこととiPadなど

同じアカウントでiPhoneを探せるものを持っていくことをオススメします。

もしかしたら探せるかも(・・;)

 

 

まぁ何はともあれ旅にトラブルは付きもの

という気持ちは常に持っておいた方がいいということだと思います。

計画通りにいかないことも楽しめるくらい

海外旅行を楽しみたいですね!

f:id:trip_coffee:20191102140955j:image

最後までお付き合いありがとうございました。 

いつもブログを最後まで読んでくださりありがとうございます。

子どもがいるご家庭でも楽しく家族が満足する旅行プランを今後も

このブログを通じてお送りしていきます。

少しでも参考になればと思います。

ぜひ皆さんもSPGアメックスやSFCで快適なご旅行を。

 

人生を旅するように暮らす。


にほんブログ村